水害後に気をつけたい衛生環境の悪化 消毒法や予防法は

ウェザーニュース / 2019年10月16日 11時50分

ウェザーニュース

台風19号による大雨により、川の氾濫や大規模な冠水などがが相次いで発生しました。避難所で生活をしたり、復旧作業を行っている中ではありますが、どうしても衛生状態が悪くなるという問題が生じてしまいます。どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

被災地では衛生環境の悪化に注意

10月中旬とはいえ、家屋が浸水した被災地では、昼間の暖かさで細菌やカビが繁殖しやすくなり、食中毒や感染症にかかるおそれがあるなど、衛生環境の悪化が考えられます。

浸水した家屋は、下水道から逆流した汚水が混入しているおそれがあるため、消毒が必要です。浸水したエリアでは衛生状態の悪化も考えられますので十分ご注意ください。
岡山市が「浸水した家屋等の衛生対策」をまとめているので、紹介します。

浸水した家屋の衛生対策

床上浸水したときの消毒法
(1)水が引いた後、濡れた畳や家の中の不要な物を片付ける
(2)汚れた家具や床・壁などは、水で洗い流すか水拭きするなどしてよく乾かす
(3)食器類や調理器具などは、水洗いして汚れを洗い流す
(4)消毒薬を薄めた液を浸した布などで拭き、よく乾燥する

床下浸水したときの消毒法
(1)床下や家の周辺にある不要物や汚泥などを片付ける
(2)床下に水が溜まっている場合は雑巾等で吸水し、扇風機等で換気しよく乾かす
(3)可能なところは水で洗い流す

なお、作業をするときは消毒液や砂埃が目に入ったり皮膚にかからないよう、メガネ・マスク・ゴム手袋・長袖・長ズボンなどの着用をおすすめします。

食中毒・感染症の予防
(1)水道等は安全と衛生を点検・確認してから使用する
(2)水に浸かった食品や、停電により保存温度が保てなかった要冷蔵・冷凍食品はできるだけ廃棄する
(3)吐き気や腹痛などからだに異常を感じたら早めに医療機関で受診を
(4)食事の前や排便の後などは、しっかりと手を洗う

なお、次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤)は塩素系のため、他の消毒液と混ぜないでください。また、金属やゴムを腐食させたり、色落ちさせることがあるので注意が必要です。

体調管理にも気をつけて

避難所での生活や復旧作業によって、ご自身が感じている以上に疲れがたまったり、無理をしがちになります。

また、この時期は朝晩と昼間の気温差が大きくなり、ただでさえ風邪をひきやすい時期です。朝晩はできるだけ暖をとり、昼間は復旧作業中でもこまめに休憩を取ったり、暑さを感じたら休憩中は上着を脱ぐなど、調節をして体調管理にもお気をつけください。

参考資料など

岡山市「水害時の感染対策と消毒方法」(http://www.city.okayama.jp/contents/000339016.pdf)
写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング