明日22日(火)の天気 東日本は傘必須 被災地は強雨に警戒

ウェザーニュース / 2019年10月21日 17時15分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・台風19号被災地は強雨警戒
・北海道は朝晩の体感差に注意
・中国四国や九州は祝日のお出かけOK


22日(火)9時 予想天気図

台風20号から変わった温帯低気圧の影響で、近畿から東北にかけての広い範囲で雨が降ります。特に東日本では午前をピークに激しい降りになるところもありそうです。

台風19号被災地は強雨警戒

近畿は朝まで、東日本は午前中をピークに雨が降り、雷を伴って激しい降りになるところがあります。また、東北も昼間は広い範囲で雨が降る予想です。

特に台風19号で大きな被害を受けた地域では、新たに冠水などが発生するおそれもあるため雨の降り方に警戒してください。

沿岸部では風も強まる予想です。

北海道は朝晩の体感差に注意

高気圧の圏内となる北海道は、晴れるところが多くなります。

昼間の気温は高めで過ごしやすい体感ですが、朝晩との体感差が大きくなるため服装選びには注意が必要です。

なお、渡島半島では夕方以降、にわか雨の可能性があるため念のため折りたたみの傘があると安心です。

中国四国や九州は祝日のお出かけOK

中国や四国、九州は、山陰でにわか雨の可能性があるほかは晴れて天気の崩れはない予想です。

四国太平洋側や九州では最高気温が25℃を超えて汗ばむ陽気になるところもありそうですが、そのほかのエリアは過ごしやすい気温となりそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング