明日17日(日)の天気 広い範囲で穏やかな天気

ウェザーニュース / 2019年11月16日 17時0分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本、東日本は紅葉狩り日和
・北海道は雪や風が収まる
・全国的に引き続き朝晩は冷え込む


明日17日(日)は薄雲が広がりますが、日差しが届いて西日本、東日本を中心に穏やかな晩秋の陽気。

雪と強風が続いていた北海道でも段々と荒天が収まり、少しホッとできそうです。

ただ、穏やかな天気は明日まで。週明けは大陸から低気圧と前線が接近し、荒天のおそれがあります。

西日本、東日本は紅葉狩り日和

茨城県 永源寺の紅葉の様子(11月16日(土)10時47分撮影)

明日17日(日)は薄雲が広がっても日差しが届いて西日本、東日本を中心に穏やかな陽気になります。

北陸エリアや東北日本海側では午前中に雨や湿った雪が降る可能性がありますが、段々と日差しが届きます。

東北エリアや中部山岳の紅葉シーズンは既に終盤。紅葉前線は南下して首都圏や名阪エリアでも見頃のエリアが拡大しています。紅葉狩りに足をのばすのもよさそうです。

週明けは広い範囲で雨が降るので、昼間の日差しを有効に活用してください。

北海道は雪や風が収まる

強風と雪が続いていた北海道では、段々と雪と風が収まり少しホッとできそうです。

ただ、道北エリアでは積雪の増加に注意してください。雪の積もった路面は凍結して滑りやすくなるので、足元に要注意です。

全国的に引き続き朝晩は冷え込む

西日本や東日本では20℃前後まで気温が上がり、昼間は日差しの温もりが感じられます。

朝晩はグッと冷え込むので、体感変化で体調を崩さないように服装で上手に調節をしてください。

北海道や東北北部では昼間でも一桁の気温で防寒が欠かせません。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング