台風28号はフィリピン直撃 200mmを超える大雨に

ウェザーニュース / 2019年12月3日 16時30分

ウェザーニュース

3日(火)15時現在、強い台風28号(カンムリ)はフィリピン付近を西に進んでいます。台風が直撃したフィリピンのルソン島南部は2日(月)だけで200mmを超える大雨に見舞われました。多くの住民が避難を余儀なくされ、被害が心配されます。

▼台風28号 12月3日(火)15時
 存在地域   フィリピン
 大きさ階級  //
 強さ階級   強い
 移動     西 25km/h
 中心気圧   975 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s


台風は今夜には南シナ海に抜け、その後は弱まりながら6日(金)までに熱帯低気圧に変わる見込みです。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風28号の名前「カンムリ(Kammuri)」は日本が提案した名称で、星座の「かんむり座」が由来です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング