山形・肘折では積雪1m超 全国で今シーズン初

ウェザーニュース / 2019年12月6日 11時55分

ウェザーニュース

山形県大蔵村より(6日8時頃の様子)

北日本では3日(火)から冬型の気圧配置が続いて山沿いを中心に大雪となりました。山形県大蔵村にある肘折(ひじおり)では6日(金)11時の積雪深が109cmと今シーズン全国て初めて1mを超えました。

その他の地点でも6日(金)11時現在の積雪は、北海道上川地方の朱鞠内(しゅまりない)では97cm、青森県の酸ヶ湯(すかゆ)でも93cmなど、この3日あまりで1m前後の雪が降ったところがあります。

北陸~山陰 午後も雪や雨に

今日6日(金)も冬型の気圧配置が続き、上空1500m付近では-6℃以下の寒気が西日本から東日本に流れ込みます。

西日本から東日本にかけての日本海側では、今朝は富山や金沢、松江、鳥取で初雪が観測され、午後も雪や雨が降りやすい状態が続きます。山沿いでは一時的に強い雪が降って、積雪がさらに増える見込みです。路面状況の悪化に注意してください。

北日本の雪はだんだんと落ち着く

北日本上空の気圧の谷は東に抜けるため、北日本の日本海側は引き続き雪が降りやすいものの、午後は降り方がだんだん落ち着いて止む時間が増えてきます。

雪がしっかりと積もっているところでは、周りの方と協力をして雪かきを進めるようにしてください。また、屋根からの落雪やなだれには注意が必要です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング