明日10日(火)は春の嵐 各地で強雨や暴風に警戒

ウェザーニュース / 2020年3月9日 15時30分

ウェザーニュース

明日10日(火)は、低気圧が発達しながら日本海の沿岸を進み、明後日11日(水)にかけて爆弾低気圧級に発達するおそれがあります。
また、別の低気圧も本州の南岸を進む見込みで、全国的に雨や風の強まりに警戒が必要です。

瞬間的には25m/sを超える暴風に警戒

予想天気図 10日(火)21時

沿岸部を中心に暴風が吹き荒れ、北日本では瞬間的には25m/sを超える暴風になります。

関東や北陸の沿岸部でも、強いところでは25m/s近い最大瞬間風速が予想されており、傘をさすのが危険になることも予想されます。

海上では高波にも注意してください。

多いところでは100mm前後の大雨に

雨の予想 10日(火)15時

全国の広い範囲で雨となり、雷を伴って雨が強まるおそれがあります。

特に、西日本の太平洋側や東海、房総南部では、局地的に1時間に30~50mmの激しい雨が降るおそれがあり、その他の西日本や東日本でも、1時間に20~30mmの強い雨となる予想です。

また、南から暖かな空気が入ってくるため、北海道でも雪ではなく雨になる見込みです。予想される総降水量は、多いところで100mmを超え、この時期としては大雨となるところがあります。

<予想される総降水量 11日(水)9時まで(多いところ)>
 北海道太平洋側:80~120mm
 北海道日本海側:40-60mm
 東北:40~70mm
 関東・東海: 50~80mm
 西日本日本海側: 40~60mm
 西日本太平洋側: 60~80mm
 種子島・屋久島: 100~150mm

北海道では融雪災害に警戒を

融雪による冠水(2015年 帯広市の様子)

北海道では、先日、記録的な大雪となった太平洋側のエリアで総雨量が100mmを超えるおそれがあります。このため、雪の多い地域では雪崩に加え、広く融雪による洪水・冠水にも警戒が必要です。

雨が降り出す前に、屋根に積もった雪を下ろしたり、雪に埋まった排水溝を掘り出すなど、雨への備えをして早めにしておいてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング