今日15日(日)の天気 東京など気温上昇も天気急変に注意 日本海側は雷雨や突風のおそれ

ウェザーニュース / 2020年3月15日 5時58分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・日本海側は雷雨や突風のおそれも
・太平洋側は天気の急変に注意
・関東は気温大幅上昇でも冷たい空気


今日15日(日)は、昨日14日(土)に広く雨や雪を降らせた低気圧は東に遠ざかり、西日本や東日本太平洋側は日差しが戻ります。
一方、日本海には別の低気圧が進んでくるため日本海側の天気は下り坂です。大気の状態が不安定になるため強い雨や雷に注意が必要です。

日本海側は雷雨や突風のおそれも

東北から山陰にかけての日本海側は、日差しが届く地域は多いものの、各地ともに急に雨が降ることがあります。
特に昼過ぎ以降は、雨が降る地域が増えるので、帰りの時間に備えて雨具をお持ちください。大気の状態が不安定になるため、ザっと降る強い雨に加えて雷やアラレ、突風などに注意が必要です。

太平洋側は天気の急変に注意

関東から九州にかけての太平洋側の地域も天気は変わりやすく、晴れるもののにわか雨がある予想です。

日本海側の地域と比べると雨が降る時間は短いものの、一時的にはしっかりとした降り方になることがあるので、外出時には折りたたみの傘があると安心です。

関東は気温大幅上昇でも冷たい空気

昨日14日は冷たい雨や雪が降った関東は日差しが戻り、昼間の気温は前日よりも大幅に上昇します。
最高気温は東京都心やさいたま市、水戸市などで12℃ 横浜市、千葉市で11℃などの予想です。ただ、平年の気温に比べると低くなりそうで、空気の冷たさが感じられそうです。引き続き暖かい服装がおすすめです。

また、日差しが戻り気温が上がると、花粉が大量に飛散するおそれがあるため、花粉症対策も万全に行ってください。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング