今日16日(月)の天気 大気の状態不安定 雷や竜巻、ひょうなどに注意

ウェザーニュース / 2020年3月16日 5時30分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・日本海側は荒れた天気
・太平洋側は天気急変に注意
・空気が冷たく感じる一日


予想天気図 16日(月)9時

今日16(月)は本州の上空5500m付近に-36℃以下という真冬並みの寒気が流れ込み、冬型気圧配置が強まります。

広い範囲で強い風が吹き、大気の状態が不安定となりそうです。各地で雷や突風、竜巻やひょうなどに注意が必要です。日本海側では雪や雨が降り、山沿いは大雪になるおそれがあります。

日本海側は荒れた天気

冬型気圧配置が強まり、各地で雪や雨が降ります。北陸を中心に中国山地など西日本でも雪の量が多くなるおそれがあります。

また、山陰は午前中、近畿北部から東北日本海側は日中いっぱい強風に注意が必要です。北陸では交通機関への影響が出るおそれがありますので、交通情報をこまめに確認してください。

太平洋側は天気の急変に注意

上空の寒気が強く、雨雲や雪雲は太平洋側にも流れ込みそうです。

東海や関東は晴れてもにわか雨や雷雨に注意が必要です。各地で風が強く吹きますので、飛びやすい物は家の中に片づけるなどしてください。

紀伊山地や四国山地など西日本の山では雪が積もるので、標高の高い区間への車での移動はタイヤチェーンなどをご用意ください。積雪はないものの近畿中部や瀬戸内などの平野部でも雪の降る可能性があります。

空気が冷たく感じる一日

昼間の気温は全国的に平年並みか低めの予想です。関東から西の各地は太平洋側を中心に10℃を超えるところが多くなりますが、風が強く、体感温度を下げそうです。

朝晩を中心に寒く感じられるので、外出の際は暖かい服装が良さそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング