小笠原でM6.9の深発地震 異常震域が見られる

ウェザーニュース / 2020年4月18日 17時50分

ウェザーニュース

18日(土)17時26分頃に小笠原諸島西方沖を震源とするマグニチュード6.9の地震が発生しました。震源の深さが約490kmと深かったため、異常震域と呼ばれる現象が見られています。

この地震では震央に近い小笠原諸島の母島で震度4、父島で震度3を観測しました。また、震源から遠く離れた東京など関東各地から宮城県石巻市など東北南部まで震度2の揺れが到達しています。

一方で、東海以西には震度2以上の地点が見られず、特徴的な震度分布となりました。

深発地震で異常震域

多くの地震では震央から同心円状に揺れの強い地域が分布しますが、今回の地震は震源が深かったことで、地震波が伝わりやすい太平洋プレートに近い地域が大きく揺れる「異常震域」と呼ばれる震度分布となりました。

太平洋プレートとフィリピン海プレートの境界に近い小笠原諸島近海では、今回のような深い震源の強い地震が時々発生しています。最近では2015年6月23日にマグニチュード6.5、深さ484kmの地震が起きて、同じような震度分布になっています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング