名古屋や京都で今年初の夏日 明日も高温続く

ウェザーニュース / 2020年4月30日 14時49分

ウェザーニュース

今日30日(木)は全国的に気温が上がりました。

西日本から東日本では最高気温が25℃以上の夏日になった所が続出、半袖で過ごせるくらいの陽気になっています。

西日本、東日本で夏日続出

14時までの最高気温は、宮崎県の西米良で27.8℃に達し、昨日に続き夏日になりました。

また、京都府の舞鶴で27.4℃、京都でも26.5℃、名古屋で26.0℃まで上がり、いずれも今年はじめて25℃以上の夏日になりました。

東北でも福島・会津若松で25.0℃と東北南部でも25℃に達し、14時までに夏日になったのは107地点にのぼっています。

東京では23.9℃と、5月下旬並みの陽気になりました。

また、今日桜が開花した札幌では20.9℃と今年はじめて20℃を超えました。

明日は30℃近くの所も 熱中症に注意

5月スタートとなる明日1日(金)も、西日本から東日本にかけては晴れる見込みです。

今日よりさらに暖かな空気が入るため気温が上がり、夏日となる所がさらに増えてきます。

九州の内陸部では30℃近くまで上がる所もあって、5月スタートとは思えない暑さになりそうです。

暑さに慣れていない時期のため、熱中症のリスクが出てきます。
特に車の中では高温になりやすいため、少しの時間だからと油断せず、エアコンを上手に使って温度調整をしたり、水分補給をきちんと行うなど十分にご注意ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング