雲が鮮やかな虹色に染まる 静岡で「彩雲」が出現

ウェザーニュース / 2020年5月11日 11時55分

ウェザーニュース

静岡県で鮮やかな虹色に染まる雲が見られました。「彩雲」と呼ばれる現象です。

今日11日(月)の静岡県内は晴れている所が多いものの、風のぶつかり合いで発生した低く、薄い雲が一部に広がっています。袋井市ではこうした雲が太陽を覆ったタイミングで、虹色に彩られました。

彩雲の仕組み

「彩雲」は、太陽の光が雲を構成する水滴の間を通り抜ける時に分光(曲げられたり散乱したり)して、鮮やかな虹色となって雲を彩る現象です。

今回は、太陽の光がちょうど雲の端の薄い部分と重なり、虹色になりました。

現在、静岡県に広がっている雲は、午後にかけても厚みを増すことはなく、天気を崩す心配はありません。太陽にかかるタイミングでは引き続き彩雲が現れるかもしれません。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング