梅雨本番で雨の日が多い 大雨への備えを(気象庁1か月予報)

ウェザーニュース / 2020年6月4日 15時0分

ウェザーニュース

気象庁は4日(木)、6月6日~7月5日までの1か月予報を発表しました。各地で梅雨入りし、雨のシーズンが本番を迎えます。大雨への備えをしっかり行ってください。

各地で本格的な梅雨空に

各地で梅雨入りし、本格的な雨のシーズンになります。梅雨前線は本州付近に停滞し、例年通り、曇りや雨の日が多い見込みです。

梅雨前線が活発になるタイミングでは大雨のおそれがあります。雨への備えはできるだけ梅雨入り前に済ませておくようにしましょう。

新型コロナウイルスなどの感染症対策として、三つの蜜を避ける行動が呼びかけられています。風水害で避難が必要になる事も想定されますので、備蓄品や避難場所、避難路の確認などはいつも以上に入念に行うようにしてください。

気温は西日本、東日本で高く蒸し暑い

西日本や東日本の気温は平年よりも高い予想となっています。気温、湿度ともに高く、蒸し暑い日が多くなる見込みです。

沖縄は6月中旬にも梅雨が明けて夏本番です。気温は平年に比べて高く、暑さが厳しくなりますので、熱中症対策をしっかり行いましょう。

北日本は1か月の平均では、平年より高いものの、6月下旬になると高温傾向が少し落ち着いてきます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング