来週は梅雨期間で一番の大雨か 過去の大雨パターンに類似

ウェザーニュース / 2020年7月3日 18時0分

ウェザーニュース

大雨は週末だけでは終わりません。来週は西日本の日本海側に梅雨前線が停滞し、さらなる大雨のおそれがあります。

週が明けると夏の高気圧が勢力を強めることで、梅雨前線が本州の日本海側まで北上します。前線はしばらく同じような所に停滞する見込みです。

前線に向かって西から次々に暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本を中心に激しい雨が長時間に渡り、今年の梅雨期間では一番の大雨になる可能性があります。

過去にも似たようなパターンで大雨に

「平成24年7月九州北部豪雨」の際の熊本市白川の様子

日本海に梅雨前線が停滞し、西日本で大雨になるパターンは過去にも多く見られています。2017年に福岡県朝倉市や大分県日田市などで大きな被害が出た「平成29年7月九州北部豪雨」や、2014年に熊本県阿蘇地方などで記録的な雨が降った「平成24年7月九州北部豪雨」などが挙げられます。

現段階では大雨の危険性が高い地域やタイミングを絞り込むことが難しいものの、過去の災害に匹敵するような大雨となる危険性があります。最新の情報を確認し、危険性が高まった場合は、速やかに避難などの対応ができるよう、早めの準備が必要です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング