雨の日に便利な浴室乾燥機 洗濯物を効率的に乾かす方法

ウェザーニュース / 2020年7月11日 7時39分

ウェザーニュース

7月に入ってから梅雨らしい天気が続き、浴室乾燥機を利用している方が増えているかもしれません。
そこで、効率的に洗濯物を乾かすための3つのポイントをLIONお洗濯マイスター大貫和泉さんに伺いました。

浴室内の温度は高く、湿度は低く

洗濯物を効率的に乾かすには、浴室内の温度は高く、湿度は低い状態に保つのがポイントです。

そのために、浴槽にお湯が残っている場合は、フタを閉めたり、お湯を抜くようにしてください。
入浴直後で、浴室の壁や床、天井が濡れている場合は、タオルで拭き取ったり、スクイージーで水分を落としておくのがおすすめです。

乾燥中は、浴室の窓や扉は閉めておきましょう。温風や温かい空気が外に逃げず、浴室内の温度を高くキープできます。

厚手の衣類を吹出口付近に

画像 LIONより

温風が直接当たる風の吹出口に近い所が、最も洗濯物が良く乾きます。
バスタオルやトレーナーなど厚手の衣類は吹出口に近い所、下着やTシャツなど薄手の衣類は吹出口から遠い所に配置するのが効率的です。

また、衣類同士は5〜10cmほど離して干すと、風の通り道が出来て時短になります。

パイプは2本使って間隔を

衣類の吊り下げ用パイプは、浴室のタイプによって1本しかないものと2本以上あるものがあります。

2本以上ある場合は、干す洗濯物が少なくてもパイプは2本以上使用して洗濯物同士の間隔をあけ、風の通りを作る方が早く乾きます。

パイプの留め具は2本分あるものの、パイプは1本のみしかない場合は、洗い場側にパイプを設置して干すのがおすすめです。

梅雨明けまで、あと少しの辛抱です。
便利な家電を上手に活用して、少しでも快適に暮らしていきたいですね。

参考資料など

Lidea https://lidea.today/articles/002496

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング