梅雨空が続く関東 夕方から夜は雨のエリアが広がる

ウェザーニュース / 2020年7月16日 11時0分

ウェザーニュース

今日16日(木)は関東沖に停滞している梅雨前線が、昨日に比べると少し陸地から離れました。雲の多い空が続いているものの、雨の所はほとんどなく、時々雲の間から日が差しています。

ただ、夕方から夜にかけては風がぶつかり合うことで雲がまとまり、雨の降り出す所が増える見込みです。

夜遅くなるほど雨のエリアが広がる

特に雨が降りやすいのが西部や北部の山沿いです。すでに小さな雨雲の発生している所があり、夕方になると雨の範囲が拡大してきます。

また、千葉県から東京都内の一部も南よりの風と東よりの風が収束することで雨雲としてまとまり、早い所では帰宅時間帯から雨が降り出す予想です。夜遅くにかけては、さらに広い範囲で雨が降りやすくなりますので、帰りが遅い場合は雨具が必須です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング