関東は午後にかけて断続的に雨 雷を伴った強い雨に注意

ウェザーニュース / 2020年7月25日 9時45分

ウェザーニュース

今日25日(土)の関東は梅雨前線に向かって湿った暖かな空気が流れ込んでいる影響で、雨雲が発生・発達しやすくなっています。雷を伴った強い雨に注意が必要です。

特に活発な雨雲が流れ込みやすいのは、関東の西部や房総半島周辺です。千葉県木更津市では9時40分までの10分間で10.0mmの雨を観測。1時間に換算すると50mm以上にあたる非常に激しい雨となりました。雨雲のひとつひとつは小さいものの、非常に発達しているものが含まれ、雷が頻発しています。

午後も雨雲の発達しやすい状況が続く

落雷マップ

午後も気圧配置に大きな変化がなく、関東各地で断続的に雨が降る見込みです。活発な雨雲が通過するタイミングでは強い雨が降り、落雷や突風などを伴うおそれがあります。

底の黒い雲が近づいてきたり遠雷が聞こえてきたら、一旦、建物の中に退避するなど、雷雨対策が必要です。雨が強まると、道路の低い部分は一時的に冠水したり、視界が悪化することがありますので、車で移動する場合は十分に注意をしてください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング