渡嘉敷村で「50年に一度の記録的な大雨」(気象台) 土砂災害等に警戒

ウェザーニュース / 2020年8月24日 18時0分

ウェザーニュース

台風8号の影響で局地的に雨が降り続き、大雨災害発生の危険性が高まっています。

沖縄気象台は今日24日(月)17時54分に、渡嘉敷村で「50年に一度の記録的な大雨となっているところがある」との気象情報を発表しました。

渡嘉敷村付近では非常に激しい雨が降り続き、16時42分までの1時間に115.5mmの猛烈な雨を観測。17時50分まで3時間の雨量は191.5mmに達し、ともに観測史上1位の記録を更新しました。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫等に警戒し、少しでも安全な場所で過ごすようにしてください。

土砂災害警戒情報を発表中

台風の中心はゆっくりと離れているものの、こうした活発な雨雲の通過しやすい状況は今夜にかけて続く見込みです。雨雲の帯の方向と、進行方向が一致すると、数時間に渡って猛烈な雨が続くおそれがあります。

大雨となっている沖縄本島地方には土砂災害警戒情報【警戒レベル4(避難)相当】が発表されています。

地盤が緩んでいるため、この先少しの雨が降っただけでも土砂崩れ等が発生するおそれがあります。崖や川の近くなど土砂災害の発生するおそれのある地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意してください。

「50年に一度の記録的な大雨」とは

重大な災害が差し迫っている場合に、地元の気象台が一層の警戒を呼びかけるために簡潔な文章で発表する「見出しのみの短文で伝える気象情報」という枠組みがあります。「50年に一度の記録的な大雨」とは、この気象情報中で用いられる表現の一種で、気象台が非常に危機感を抱いている状況であることを伝えています。このほかにも「○○豪雨に匹敵」「これまでに経験したことのないような大雨」「数年に一度の猛ふぶき」などの表現が用いられることがあります。

「50年に一度」なのに年に何度も耳にするのはどうしてか、と疑問に思うかもしれません。簡単に言うと「その地域では50年に一度しか経験しないような雨」ということです。

気象庁では、統計から算出した「50年に一度程度の確率で起こりうる降水量の値」を全国を5km四方に区切った地域ごとに定めています(連続した3時間・連続した48時間の降水量の2種類の指標が存在)。この基準に達するような大雨が観測・解析された場合、気象庁は短文の気象情報で危機感を伝えるとともに、大雨特別警報の発表も視野に入れて対応を検討します。

「50年に一度の記録的な大雨」との情報が発表された地域の周辺では、災害の発生につながる記録的な大雨が降っていることを意味しています。危険が迫っているため、地元の自治体が発表する避難情報などを確認して、速やかに適切な行動をとるようにしてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング