明日28日(金)の天気 全国的に残暑厳しい 太平洋側では雨具を持って

ウェザーニュース / 2020年8月27日 17時0分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・太平洋側は変わりやすい天気
・東シナ海側では局地的に激しい雨に
・日本海側は気温上昇、猛暑日が続出


予想天気図 28日(金)9時

明日28日(金)は太平洋高気圧が西に勢力を強め、全国的に晴れる所が多くなります。
ただし、高気圧の縁を回る湿った空気が流れ込むため、東海から西の太平洋側や南西諸島ではにわか雨や雷雨に注意が必要です。
また、引き続き南よりの風が山を越えて吹き下ろすフェーン現象の影響で日本海側を中心に気温が上がり、猛暑日となる所が出てきそうです。

太平洋側は変わりやすい天気

太平洋高気圧が東北や関東まで張り出しを強め、全国的に日差しが届きます。
ただし、太平洋側や山沿いでは大気の状態が不安定になって、所々でにわか雨があり、雷を伴う所もあります。変わりやすい天気となりますので、晴雨兼用の傘が役に立ちそうです。
関東の平野部ではにわか雨はない見込みです。

東シナ海側では局地的に激しい雨に

九州の東シナ海では湿った空気が流れ込みやすい状態が続きます。今日27日(木)同様、激しい雨や雷雨となるおそれがあります。急な強い雨による道路冠水や河川の増水、山沿いでは土砂災害などに警戒が必要です。

日本海側は気温上昇、猛暑日が続出

暑さ指数(WBGT) 28日(金)14時の予想

引き続き南風が入るため、フェーン現象で日本海側を中心に気温が上がります。東北南部や北陸、山陰では35℃以上の猛暑日となる所が続出、体にこたえる危険な暑さが続きます。太平洋側でも35℃くらいまで上がる所がありますので、熱中症対策を万全におこなってください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング