柿がおいしい季節 甘柿と渋柿の違いは?

ウェザーニュース / 2020年10月10日 9時45分

ウェザーニュース

食欲の秋というように、秋には様々な食材が食べごろを迎えています。

最近では季節が進んで秋らしくなり、柿の美味しい季節が近づいてきました。今回は甘柿と渋柿の見分け方をご紹介します。

甘柿と渋柿の違いは?

柿の歴史は古く、奈良時代にはすでに遣唐使らによって伝えられていたという説が残っているそうです。そんな柿には甘柿と渋柿の2つがあります。甘柿は主に生で食べる用、渋柿は干し柿に使われます。一見、見た目ではわかりにくいのですが、包丁で切ってみると大きな違いがわかります。

味の決め手は「タンニン」

黒い斑点のある方が甘い!

中を見てみると黒い斑点があるか無いかで見分けることができます。この黒い斑点が柿が甘いか渋いかを決める「タンニン」と呼ばれるものです。
このタンニンが酸化して黒くなっていると、食べたときに渋さを感じずにおいしく食べることができます。

渋柿をおいしく食べるには干し柿

渋柿はそのままだと渋くてとても食べることはできませんが、干し柿にすることでおいしく食べることができます。
なぜ渋い柿でも手間をかけて食べようとしたか、不思議に思われるかもしれませんが、これにはちゃんと訳があるのです。

柿は他の果物に比べてとても糖度が高い

糖度計で計ってみると、マスクメロンは10.7、巨峰は14.4ですが、柿はさらに高い15.5もあるのです。なので、昔の人は努力して、甘い柿を食べようとしたんですね♪

これからは柿が旬になってきます。柿を食べるときにはぜひこの小ネタを思い出して食べてみてください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング