今日15日(木)の天気 関東は冷たい雨 北海道は強い寒気で初雪の可能性も

ウェザーニュース / 2020年10月15日 6時25分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北海道は初冬の寒さ、初雪の可能性も
・関東は冷たい雨 傘と上着必須
・東海以西は晴れて爽やか


予想天気図 15日(木)9時

今日15日(木)は、北海道にこの時期にしては強い寒気が流れ込みます。初冬の寒さになり、道北では平地でも雨に雪が混じる可能性があります。

また、関東では雨が降りやすく、気温も上がらず冷たい雨です。傘に加えて上着も必要となります。

北海道は初冬の寒さ、初雪の可能性も

西高東低の冬型の気圧配置になり、北海道の上空にはこの時期にしては強い寒気が流れ込み、今朝は今季一番の冷え込みとなっています。この寒気の影響で、日本海側を中心に冷たい雨が降りやすく、道北の平地では雪が混じりみぞれの可能性があります。

また、手稲山では雪が降り、気象台から初冠雪の発表がありました。道北の峠道などでは積雪のおそれもあるので、車の運転の際は十分に注意し、冬タイヤなどが必要です。

関東は冷たい雨 傘と上着必須

関東の南の海上で発生した雨雲が北へ広がり、雨の降りやすい一日となります。南側のエリアほど、雨が強まりやすく、沿岸部では強風で足元が濡れてしまうこともあるので、大きめで丈夫な傘やレインブーツがあると良さそうです。

昼間でも気温はあまり上がらず、20℃に届かないところが多く肌寒い一日になります。冷たい雨と風を防げる上着が必須です。

東海以西は晴れて爽やか

東海以西は太平洋側を中心に晴れるところが多く、昼間は過ごしやすくなります。四国や九州では、汗ばむくらいの体感になることもありますが、爽やかな秋の空気を楽しめそうです。

ただ、朝晩は各地で肌寒くなり、北風も吹くため、上着で調節してください。

北陸から山陰では日本海から雨雲が流れ込み、雨が降ることがあります。気温も低めで、昼間も風が冷たく感じられそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング