東京は雲が多く20℃届かず 雨のぱらつく所も

ウェザーニュース / 2020年10月30日 11時45分

ウェザーニュース

今日30日(金)の関東は上空を通過する寒気を伴った気圧の谷の影響で、南部を中心に雲が多くなっています。日差しが少なくなっている分、気温が上がらず、東京は11時30分の気温が18.3℃と昨日の同じ時間に比べて3.5℃も低めです。

ウェザーニュースが集計している体感報告でも、「肌寒い」が半数を占めています。

午後にかけても雲の多い状況が続き、あまり気温は上がりません。東京では23日(金)以来、1週間ぶりに20℃に届かない予想です。夜にかけては朝以上に冷え込んできますので、体調管理に注意をしてください。

千葉や茨城はにわか雨に注意

雨雲レーダー

また、千葉や茨城などを中心に雲が厚みを増して、一部で雨が降り出し、東京都内でも非常に弱い雨のぱらついている所があります。

都内でこれ以上、雨が強まる可能性は低いものの、千葉や茨城の特に東のエリアでは傘が必要なくらいの雨の降ることがある見込みです。夕方にかけて外出をされる場合は、念のため折りたたみの傘などを用意しておきましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング