台風20号はやや発達し沖縄に間接的な影響 一時的な強い雨や強風、高波に注意

ウェザーニュース / 2020年11月4日 16時15分

ウェザーニュース

4日(水)15時現在、台風20号(アッサニー)は沖縄の南の海上を、北北西にゆっくりと進んでいます。中心付近の最大風速が23m/sとやや発達してきました。明日5日(木)以降は西よりに進路を変えてさらに発達し、暴風域を伴う予想です。

▼台風20号 11月4日(水)15時
 存在地域   沖縄の南
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北北西 ゆっくり
 中心気圧   994 hPa
 最大風速   23 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 35 m/s

沖縄は一時的に雨や風が強まる

5日(木)夕方の雨の予想

明日5日(木)は台風20号と高気圧の間の気圧差が大きくなり、東よりの湿った風が強まる見込みです。この影響で雨雲が発生、発達しやすく、一時的に雨の強まる所があります。

瞬間的には10m/s前後のやや強い風が吹き、海上は波が3~4mと高くなりますので、台風はそれほど近づかないものの念のため注意をしてください。

台風19号が近づくベトナムはまた大雨に

台風19号の予想進路

台風19号(コーニー)は、南シナ海を西に進んでいます。中心付近の最大風速が20m/sと勢力はそれほど強くないものの、周辺には活発な雨雲を伴っており、接近が予想されるベトナムでは雨の強まるおそれがあります。

10月以降、相次ぐ台風の接近、上陸などで大雨による被害が出ている所が多く、今回の台風でも影響が心配されます。

▼台風19号 11月4日(水)15時
 存在地域   南シナ海
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西南西 ゆっくり
 中心気圧   998 hPa
 最大風速   20 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 30 m/s

平年の台風発生数

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風19号の名前「コーニー (Goni / 고니)」は韓国が提案した名称で、白鳥(コハクチョウ)のことを意味する韓国語からとられています。
台風20号の名前「アッサニー (Atsani)」はタイが提案した名称で、雷のことを意味する言葉です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング