週間天気予報 連休明けは関東などで雨 11月の寒さ戻る

ウェザーニュース / 2020年11月22日 5時20分

ウェザーニュース

この先一週間は数日周期で気圧の谷が接近し、天気が変化します。先週のような季節外れの暖かさはなくなり、11月らしい寒さの日が多くなる予想です。

■この先1週間のポイント■

・連休明けは関東などで雨
・週末は天気崩れ、強い寒気流入の可能性
・11月らしい寒さの日が増える

連休明けは関東などで雨

予想天気図

三連休最終日の明日23日(月)勤労感謝の日は冬型の気圧配置となり、太平洋側の各地は晴れるところが多く、北日本では雪や雨の降るところがある見込みです。

連休明け24日(火)から25日(水)にかけては、高気圧が大陸から日本付近に張り出すため西日本を中心に晴れますが、東日本の太平洋沖では低気圧の発生する兆しがあり、雲が広がって雨の降るところがありそうです。首都圏でも冷たい雨となる可能性があります。

週末は天気崩れ、強い寒気流入の可能性

上空の寒気の予想 29日(日)9時

27日(金)から28日(土)にかけて、日本付近を低気圧が東進する影響で雨の降るところが多くなる予想です。

その後、28日(土)から29日(日)にかけては日本の東で低気圧が発達して、西高東低の冬型の気圧配置が強まる可能性があります。強い寒気が流れ込み、北日本を中心に荒れた天気となるおそれがあるため、今後の情報に注意するようにしてください。

東日本や西日本にも寒気が流れ込むため、山では雪の降る可能性があります。峠道を車で走られる場合などは気象情報をよくご確認ください。

11月らしい寒さの日が増える

先週は季節外れの暖かさが続いていましたが、明日以降は暖気の流れ込みが弱まり、11月らしい気温になる見込みです。

関東の週明けは、冷たい東風の影響で昼間も気温が低く、寒く感じられそうです。

週全体を通してみると、まだ極端な寒さではないものの、先週との気温差に注意してください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング