ひと目でわかる傘マップ 12月29日(火)

ウェザーニュース / 2020年12月29日 6時15分

ウェザーニュース

きょう12月29日(火)の外出の際に傘の持参が必要なエリアを解説します。

大きい傘がいるエリア

北海道の道央から道東オホーツク海側は、前線の影響により徐々に雪の範囲が広がります。降り方が強まったり、風が強く吹くため、しっかりとした大きい傘が必要です。

折りたたみ傘がいるエリア

北海道の道東太平洋側から東北北部、北陸から中四国、九州も前線の接近に伴い、午後から雨が降ります。
また関東の沿岸や南西諸島でも弱い雨が降る可能性があります。これらのエリアでは折りたたみ傘をお持ちください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング