週間天気 連休明けは関東南部でも雪や雨 大学入学共通テストは北日本や北陸で荒天のおそれ

ウェザーニュース / 2021年1月11日 5時18分

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・三連休明けは南岸低気圧に注意
・関東は週後半は暖か
・センター試験は北日本や北陸で荒天のおそれ

三連休明けは南岸低気圧に注意

12日(火)午後 関東甲信の天気分布予想

12日(火)にかけて、日本海と本州の南岸を低気圧が通過します。この影響で、全国的にすっきりしない天気となる予想です。太平洋側では、本州の南の海上を進む「南岸低気圧」の影響で雨や雪の降るところがあります。

12日(火)の関東は、東京都心など平野部では雨のところが多く、東京の多摩西部や埼玉県秩父など山に近いところでは雪の予想です。甲信地方は広い範囲で雪が降り、積もるところがあります。
ただ、この前夜となる11日(月)深夜から早朝にかけても弱い降水が予想されており、気温が低い時間帯のため、東京都心など関東南部の平野部でも一時的に雪に変わる可能性があります。

南岸低気圧による雪や雨は、少し条件が変わるだけでも大きく変化することがありますので、最新の情報を確認するようにしてください。

関東は週後半は暖か

週後半は冬型の気圧配置となり、太平洋側では日差しが届きます。関東では最高気温が2桁の日が続き、厳しい寒さが少し和らぎます。
特に、16日(土)は低気圧や前線に暖気が入って気温が上がり、東京では最高気温が14℃と冬にしては暖かく感じられそうです。

センター試験は北日本や北陸で荒天のおそれ

日本海に低気圧が発生して、北日本に接近、通過します。
16日(土)午後からは冬型の気圧配置に移行し、東北、北陸、山陰を寒気が覆います。
そのため北日本の日本海側や北陸の山沿いでは強い雪に注意が必要です。また北日本では強風や暴風のおそれがあります。
週末は大学入試センター試験日になるため、特に受験生は留意してください。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング