週間天気 急発達する低気圧と強い寒気で週末は冬の嵐 暴風雪に警戒

ウェザーニュース / 2021年1月27日 6時10分

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・明日28日(木)は関東で夕方以降、雨の可能性
・週後半は北日本などで暴風雪に警戒
・気温のアップダウンに注意

明日28日(木)は関東で夕方以降、雨の可能性

予想天気図 28日(木)9時

明日28日(木)は、関東の南に発生する低気圧の影響で、関東ではだんだんと雲が増えて、夕方以降は雨の降る可能性があります。

気温の下がりやすい夜に降水が予想されていますが、雪になるのは内陸の一部の地域のみの予想です。

雨が降るかどうか、雪になるか、最新の予報に注意してください。

週後半は北日本などで暴風雪に警戒

予想天気図 29日(金)9時

週後半の29日(金)から30日(土)にかけて、低気圧が爆弾低気圧級に発達しながら北日本を通過し、その後は強い冬型の気圧配置となる予想です。

低気圧の発達に伴い、北日本では暴風雪に警戒が必要です。低気圧の進路に近い北海道の太平洋側や、日本海から発達した雪雲が流れ込みやすい北陸や東北日本海側では大雪となるおそれがあります。南下する寒気も非常に強く、近畿北部や山陰でも雪が降る見込みです。

さらに雪雲の一部が太平洋側にも流れ込んで、東海や近畿は29日(金)に雪の降るところがある予想です。大阪などでは積雪はないと見ていますが、東海や京阪神の郊外などで雪がうっすら積もる可能性があります。

荒れた天気となるため、早めに対策をするようにしてください。

気温のアップダウンに注意

この先一週間は、日ごとの気温差や一日の寒暖差が大きくなります。

気温のアップダウンに注意し、服装での調節やエアコンなどで室温調整をして、体調管理などにお気を付けください。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング