沖縄は局地的な激しい雨のおそれ 道路冠水や河川増水などに警戒

ウェザーニュース / 2021年2月11日 9時45分

ウェザーニュース

今日11日(木)は沖縄付近に伸びる前線に向かって湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。局地的な激しい雨に警戒が必要です。

沖縄は前線周辺の雨雲が次々に通過しています。午前中は特に先島諸島の活発な雨雲が見られ、石垣島では8時32分までの1時間に11.5mmのやや強い雨を観測しました。

雨雲全体としてはゆっくりと北東方向に進んでいるため、午後は沖縄本島周辺でも雨の強まる所が多くなります。

1時間に50mm超の非常に激しい雨に警戒

11日(木)夕方の雨の予想

前線活動は今夜にかけてさらに活発になり、低気圧の発生も予想されます。温暖前線に相当する東西方向に広がる雨雲が夕方から夜に沖縄本島付近にかかる見込みです。

また、寒冷前線に相当する南北方向に伸びる非常に活発な雨雲が先島諸島を通過すると見られ、一旦、雨が小康状態になっても再び雨が激しくなる可能性があります。

活発な雨雲が通過するタイミングでは1時間に30~50mmの激しい雨が降り、局地的には50mm以上の非常に激しい雨のおそれがあるため、道路冠水や河川の増水などに警戒が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング