今日17日(水)の天気 日本海側は大雪や吹雪で荒天 関東は冬晴れに

ウェザーニュース / 2021年2月17日 5時10分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・日本海側は大雪や吹雪に警戒
・西日本も積雪に注意
・関東は冬晴れで寒い一日


17日(水)の予想天気図

17日(水)の日本付近は冬型の気圧配置で、上空に強い寒気が流れ込みます。全国的に真冬の天気で、関東は冬晴れとなる一方、日本海側は大雪や吹雪に警戒が必要です。
西日本でも雪の降るところが多くなる見込みです。

日本海側は大雪や吹雪に警戒

20日(土)朝までの積雪予想

北海道から北陸にかけては断続的に雪が降り、内陸部や山沿いは大雪のおそれがあります。昨日夕方から今朝までの降雪量は新潟県守門で41cm、福島県只見で40cmと、まとまった雪になっています。
この後も短期間で積雪が急増しますので、路面状況の悪化や雪崩、屋根からの落雪などに警戒をしてください。

また、風も強く、吹雪となるところが多いため、視界不良や停電などへの備えも必要です。

西日本も積雪に注意

今シーズンでもトップレベルの強い寒気が流れ込むため、西日本も広い範囲で雪になります。山陰は朝から雪が降り続き、午後になると九州や四国でも雪のところが増えてくる見込みです。

夕方以降は市街地でも積雪のおそれがありますので、雪対策が欠かせません。

関東は冬晴れで寒い一日

関東は晴れて朝から日差しが届きますが、午後には一時的に弱いにわか雨やにわか雪の可能性があります。

昨日16日(火)とは違って冷たい空気に覆われるため、気温が上がりません。日差しの温もりよりも風の冷たさが勝りそうです。暖かくしてお過ごしください。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング