台風1号(ドゥージェン)発生 今年最初の台風 日本への影響なし

ウェザーニュース / 2021年2月18日 16時8分

ウェザーニュース

2月18日(木)15時、フィリピンの東にあるカロリン諸島で発達中の熱帯低気圧が台風1号(ドゥージェン)になりました。今年初めての台風発生です。

台風の発生は、昨年12月21日に熱帯低気圧に変わった台風23号以来で、約2か月ぶりとなります。

▼台風1号発生 2月18日(木)15時
 存在地域   カロリン諸島
 強さ階級   //
 移動     北西 ゆっくり
 中心気圧   998 hPa
 最大風速   18 m/s
 最大瞬間風速 25 m/s

週末にフィリピン接近 日本への影響なし

このあと台風1号はゆっくりと西へ進む予想で、週末にはフィリピン諸島に接近する予想です。日本への影響はありません。

2月は台風の発生が最も少ない

平年の台風発生数

昨年は台風1号の発生が5月12日と遅めの発生でしたが、今年は2月の発生となりました。

2月の台風発生数の平年値は0.1個と、統計上は年間で最も台風の発生しづらい時期です。一方で、過去10年間で見ると2月には5つの台風が発生していて、2年に1つのペースで発生していることになります。

冬のあいだは、台風が発生しても日本に接近することはあまりありません。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風1号の名前「ドゥージェン (Dujuan)」は中国が提案した名称で、"つつじ"を示す言葉です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング