明日18日(木)の天気 冬型続き大雪や吹雪に警戒、関東も真冬の寒さ

ウェザーニュース / 2021年2月17日 17時0分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・日本海側は引き続き大雪警戒
・西日本の市街地も積雪のおそれ
・関東は晴れても真冬の寒さ


18日(木)の予想天気図

明日18日(木)も日本付近は冬型の気圧配置が続き、日本海側の広い範囲で大雪や吹雪に警戒が必要です。関東は晴れても気温が上がらず、真冬の寒さとなります。

日本海側は引き続き大雪警戒

冬型の気圧配置が続き、強い寒気が居座るため、日本海側の広い範囲で断続的に雪が降る見込みです。

特に北陸や東北南部の山沿いは雪が強まり、新たに50cmを超える雪の積もるおそれがあります。

山間部での雪崩や屋根からの落雪、路面状況の悪化などに引き続き警戒をしてください。

西日本の市街地も積雪のおそれ

西日本では気温の下がる夜間帯に雪が降りやすくなり、明日朝にかけて積雪のおそれがあります。

道路にも積もって車の運転には滑り止めなどが必要になる可能性があります。

準備が出来ない場合は、別の移動手段も検討してください。

午後には雪が峠を越える見込みです。

関東は晴れても真冬の寒さ

関東は冬晴れの一日となります。

今日17日(水)よりも寒気が南下するため、朝から気温が低く、昼間も気温が上がりません。

真冬が戻ったような寒さとなりますので、しっかりと防寒を行ってください。

空気の乾燥した状態が続くので、火の元にも注意が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング