1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

明日23日(火)の天気 冬らしい寒さ戻る 北日本や北陸は雪や雨が強く降る所も

ウェザーニュース / 2021年2月22日 17時0分

ウェザーニュース

明日23日(火)は冬型の気圧配置となり、上空には強い寒気が流れ込むため気温がグッと下がります。

特に日本海側では前日より10℃以上下がって、冬の寒さが戻ります。北日本日本海側や北陸では雪や雨が降り、北海道では強い雪が降ることもあります。

■ 天気のポイント ■

・北日本日本海側や北陸は雪や雨
・寒暖差が大きく15℃下がる所も
・太平洋側は日差しあっても気温上昇は控えめ

北日本日本海側や北陸は雪や雨に

予想天気図 23日(火)9時

冬型の気圧配置となって、上空には強い寒気が流れ込むため北日本日本海側や北陸では雪や雨が降ります。

沿岸部を中心に風も強く吹いて、横殴りの雪や雨になることがあります。北海道ではドカドカと強く降る所があって、積雪の増加や路面状況の悪化、雪崩や落雪に注意が必要です。

寒暖差が大きく15℃下がる所も

日本海側は気温が今日22日(月)より大幅に低くなります。

北陸や山陰などでは今日より15℃前後下がる所もあって、季節が一気に冬に戻ります。暖かさを体感した分、いっそう寒く感じますので防寒を万全にしてお過ごしください。

太平洋側は日差しあっても気温上昇は控えめ

太平洋側も今日ほどの暖かさはありません。日差しが届いて厳しい寒さにはならないものの、気温の上がり方がかなり鈍くなります。

夜にかけてぐっと冷え込みますので、寒暖差で体調を崩さないよう注意し、服装選びなどで失敗をしないようお気を付けください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング