1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

近畿で非常に激しい雨 淡路島では70mm/h超を観測

ウェザーニュース / 2021年9月18日 1時30分

ウェザーニュース

台風14号の東側を吹く非常に暖かく湿った南風が紀伊水道を吹き抜け、雨雲が発達しています。近畿では局地的に非常に激しい雨が降っており、道路冠水や中小河川の急な増水に警戒が必要です。

道路冠水や河川の増水に警戒

発達した雨雲が通過した兵庫県洲本市では最大で1時間に79.0mmの非常に激しい雨が降りました。雨雲の動きに伴って強い雨のエリアが拡大し、1時30分までの1時間では和歌山県和歌山市で48.5mm、大阪府・関空島で33.5mm、兵庫県神戸市で13.0mmの雨を観測しています。

1時35分時点で大阪府と兵庫県、和歌山県の一部に大雨警報が発表中です。

18日(土)の未明にかけて大阪市や神戸市などを含む近畿の各地で、局地的に1時間に50mmを超えるような非常に激しい雨が降り、道路冠水や中小河川の増水などのおそれがあります。夜間帯で状況を確認しにくいため、車で移動する必要がある場合はアンダーパスなど冠水しやすい場所を避け、速度を落として運転を行ってください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング