1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

超大型の台風18号は週明けにかけて西進 明日は早くも沖縄に影響

ウェザーニュース / 2021年10月9日 16時10分

ウェザーニュース

10月9日(土)15時現在、超大型の台風18号(コンパス)はフィリピンの東海上でほとんど停滞しています。明日10日(日)は北上し、その後は西寄りに進路を変えて、週明けは沖縄や台湾の南を通過する見込みです。

▼台風18号 10月9日(土)15時
 中心位置   フィリピンの東
 大きさ階級  超大型
 強さ階級   //
 移動     ほとんど停滞
 中心気圧   992 hPa
 最大風速   23 m/s
 最大瞬間風速 35 m/s

明日は早くも沖縄で影響

10日(日)の予想天気図

明日10日(日)は早くも沖縄に台風の影響が出てきます。台風の北側に広がる雨雲の一部が先島諸島を中心に雨を降らせる予想です。それほど強い雨ではないものの、一時的にザッと降ることがあります。

また、日本の東海上に中心をもつ高気圧が大きく西に勢力を広げ、台風との間で気圧差が大きくなるため、風が強まる見込みです。沖縄本島を含む広い範囲で瞬間的に20m/s近い風が吹き、雨が加わると横殴りになります。

波も次第に高まりますので、短時間の強い雨や強風、高波に対して注意が必要です。

大型の台風17号、海南島から大陸方面へ

台風17号 予想進路

大型の台風17号(ライオンロック)は海南島に上陸し、北西にゆっくり進んでいます。

このあとは海南島からトンキン湾へ西進し、11日(月)には大陸に上陸して熱帯低気圧に変わる見込みです。日本への影響はありません。

▼台風17号 10月9日(土)15時
 中心位置   海南島
 大きさ階級  大型
 強さ階級   //
 移動     北西 ゆっくり
 中心気圧   994 hPa
 最大風速   18 m/s
 最大瞬間風速 25 m/s

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風18号の名前「コンパス(Kompasu)」は日本が提案した名称で、円を描く文房具が由来のコンパス座という星座から付けられたものです。台風17号の名前「ライオンロック(Lionrock)」は香港が提案した名称で、香港にある山の名前からとられています。

参考資料など

気象衛星可視画像:NICT-情報通信研究機構

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング