1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

今日20日(水)の天気 北日本や北陸は荒天警戒 関東は晴れても冷たい強風

ウェザーニュース / 2021年10月20日 6時10分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北日本や北陸は荒天に警戒
・関東は晴れても風が冷たく木枯らしも
・西日本は太平洋側で日差し届く



今日20日(水)は北日本を低気圧が通過し、西から冬型の気圧配置となります。また、上空にはこの時期として強い寒気が流れ込み、北日本や北陸は荒天に警戒が必要です。

日差しが届く太平洋側も風の冷たい一日になります。

北日本や北陸は荒天に警戒

雨の予想 20日(水)13時

北日本や北陸は風が強く、沿岸部では瞬間的に30m/sを超える暴風となるおそれがあります。飛来物や交通機関の乱れなどに警戒が必要です。

日本海側では断続的に雨が降り、一時的に雨が強まったり、雷や突風、ひょうなどを伴うことがあります。

北海道の山沿いでは雨が雪に変わり、峠道などは雪の積もるところがある見込みです。車で通行する場合は冬用タイヤや滑り止めを用意してください。

関東は晴れても風が冷たく木枯らしも

関東は天気が回復して青空が広がります。日差しがしっかりと届いて気温は昨日よりも上昇し、20℃を超えるところが多い予想です。

ただ、冷たい風が強めに吹くため、体感温度はそれほど高くならず、日が傾く夕方以降は寒く感じられます。風が強まれば東京地方で木枯らし1号の発表があるかもしれません。

西日本は太平洋側で日差し届く

西日本は太平洋側を中心に晴れるところが多くなります。寒気の影響で、日差しが届いてもあまり気温は上がらず、空気が冷たく感じられそうです。

日本海側は雲が多く、にわか雨の可能性があるので、念のため折りたたみの傘など雨具があると安心です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング