1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

東京の明日は12月上旬の寒さ 関東各地で冷たい雨の一日に

ウェザーニュース / 2021年10月21日 16時10分

ウェザーニュース

明日22日(金)は本州の南の海上を通過する低気圧の影響で、関東は朝から雨の降る所が多くなります。昼間は気温が上がらず初冬の寒さ、冷たい雨の一日です。

一日を通して冷たい雨に

明日の関東は低気圧の影響で天気が崩れ、南部の沿岸では朝の早い時間から雨が降り出します。時間とともに雨の範囲は北へ広がり、昼前には関東の全域で本降りの雨になる見込みです。

午後も断続的に雨雲が通過し、夜遅くにかけて雨の降り続く所が多くなります。沿岸部では風も強めに吹くことから大きめの傘やレインコートが活躍する一日です。

明日の外出は冬の装いで

厚い雨雲に覆われて日差しがないことに加え、北東から冷たい空気が吹き込むため昼間も気温が上がりません。朝からほぼ横ばいで、ウェザーニュース発表の14時の予想気温を見ると、15℃未満を示す黄色のエリアが広がり、山沿いでは10℃未満の黄緑色の領域もあります。

東京都心は12月上旬並みの13℃の予想で、最高気温としてはこの秋以降で最も低くなります。雨や風によって体感温度はさらに下がり、冬を感じる寒さです。まだ10月ではありますが、厚手の上着が必要です。傘を持つ手がかじかむので、手袋もあった方が良いかもしれません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング