1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

明日は関東など太平洋側の広い範囲で雨 日本海側は局地的な雷雨に注意

ウェザーニュース / 2021年10月21日 17時40分

ウェザーニュース

明日22日(金)は日本の南の海上を進む低気圧や、寒気を伴った気圧の谷の影響で、雨の降る所が多くなります。

日本の南の海上を低気圧が通過

前線を伴った低気圧が日本の南の海上を東北東に進みます。低気圧や前線の北側に大きく雨雲が広がり、朝は四国から関東にかけて太平洋側の広い範囲で雨が降る見込みです。

低気圧が東に進む午後にかけて、西日本や東海の雨は次第に止みますが、関東は断続的に降り続きます。北東からの冷たい風が吹き込む関東は気温が上がらず、12月上旬並みの寒さとなる予想です。

西日本の日本海側は雷雨に注意

22日(金)夕方の雨の予想

朝鮮半島付近に上空5500m付近で-30℃以下の強い寒気を伴った気圧の谷が進んでくるため、西日本の日本海側は大気の状態が不安定になります。

九州北部から山陰にかけては午前中から雨が降りやすく、午後になると雨雲が発達する見込みです。局地的に雨が強まったり雷を伴うことがあります。落雷などに注意をしてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング