1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

週刊地震情報 2021.11.28 東北の沖で震度3の地震が2日連続発生

ウェザーニュース / 2021年11月28日 11時0分

ウェザーニュース

この1週間で国内で観測された地震回数は前週に比べると若干少なくなりました。

特に地震が集中している地域は見られず、北海道から南西諸島まで広い範囲で発生しています。この期間に震度3以上の地震は2回発生し、いずれも東北の太平洋側を震源とする地震です。(11月22日~28日10時の集計)

国内:宮城県沖と岩手県沖でM4.7の地震

宮城県沖と岩手県沖の地震

23日(火)18時48分頃、宮城県沖を震源とするマグニチュード4.7、深さ47kmと推定される地震が発生しました。この地震で岩手県大船渡市や一関市、宮城県気仙沼市、石巻市などで最大震度3を観測しています。

また、翌日24日(水)17時06分頃には岩手県沖を震源とするマグニチュード4.7、深さ48kmと推定される地震が発生し、岩手県大船渡市や釜石市、北上市などで最大震度3を観測しました。

地震のメカニズムはいずれも北西ー南東方向に圧力軸を持つ逆断層型と解析されています。

国内:プレート境界付近で発生か

宮城・岩手県境付近の震源分布

2つの地震は震央の位置こそ宮城県沖と岩手県沖で違っていますが、それほど距離は離れていません。深さ、規模ともにほとんど同じで、似たようなメカニズムで発生した地震と考えられます。

宮城県・岩手県の県境付近から沖合にかけての震源分布と見ると、今回の震源は地震が集中している所に比べるとやや西側に当たります。深さで見るとちょうど地震が多発している領域で、沈み込む太平洋プレートと陸側のプレートの境界付近とみられます。

東日本大震災を引き起こした超巨大地震以降、三陸沖は地震の多い状況が続いています。いつ強い地震が起きてもおかしくない地域ですので、普段からの地震や津波対策が欠かせません。

世界:ミャンマーでM6.2の地震

世界のM4.5以上の地震(USGSホームページ引用/ウェザーニュース加工)

アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震は2回発生しています。最も大きな地震はミャンマーで発生したマグニチュード6.2です。

日本時間の26日(金)朝にミャンマーの北西部を震源とする、マグニチュード6.2、深さ43kmの地震が発生しました。陸域のやや浅い地震で、震央周辺では強い揺れとなりました。ただ、山間部で人が住んでいる地域からは離れていたため、地震による被害が出ていません。地震のメカニズムは横ずれ型と解析されています。

ミャンマーの西部はインド・オーストラリアプレートとユーラシアプレートの境界に位置しています。マグニチュード6を超える地震は時々発生しており、今回の震源の北東側では、1946年と少し古いものの、マグニチュード8.0の巨大地震が発生した記録が残っています。


参考資料など

※日本国内の震源・震度の情報は特に記載が無ければ気象庁より。海外の震源情報は特に記載が無ければアメリカ地質調査所(USGS)より。発表機関により震源情報に差が生じることがあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください