1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

台風21号(ニヤトー) 週末に小笠原諸島に接近のおそれ 

ウェザーニュース / 2021年12月1日 11時0分

ウェザーニュース

12月1日(水)9時、台風21号(ニヤトー)はフィリピンの東を北西に進んでいます。

今後は発達しながら次第に北東に向きを変えて、週末にかけて小笠原諸島の南を進む見込みです。小笠原諸島では台風や停滞前線の影響を受けて、雨や風が強まる可能性があるため注意が必要です。

▼台風21号 12月1日(水)9時
 中心位置   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北西 15 km/h
 中心気圧   990 hPa
 最大風速   25 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 35 m/s

今年は平年より台風発生は少なめ

平年の台風発生数

平年の年間台風発生数は25.1個ですので、今年の発生数は平年よりも少ないペースとなっています。

なお、台風21号は今年11月に入ってから初めての台風発生となり、11月の台風発生数の平年値は2.2個ですので、平年よりも少ないペースです。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風21号の名前「ニヤトー(Nyatoh)」はマレーシアが提案した名称で、「木の名前」から取られています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください