1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

東京や大阪は今季最も低い最高気温 明日も寒さは続く予想

ウェザーニュース / 2021年12月5日 14時10分

ウェザーニュース

今日5日(日)は寒気のピークになったこともあり、北日本から関東、近畿にかけて昼間でも気温が上がっていません。最高気温が今季最も低くなった所もあります。

大阪は雲が多く寒い一日に

朝から晴れて日差しが届いた東京都心ですが、気温の上がり方は鈍く14時までの最高気温は11.9℃止まりです。昨日に比べると3℃ほど低くなりました。雲が多めとなった近畿はさらに気温が低く、大阪市は年末並みの10.8℃。東京、大阪はともに最高気温としては今季最も低くなりました。

13時までの1時間に届いたウェザーニュースアプリ利用者からの体感報告を集計した所、関東では62%、近畿では70%が寒いと感じています。

すでに寒気の影響が小さくなっている九州は15℃前後まで上がって、日差しが暖かな一日でした。

明日も関東から近畿は寒さ続く

6日(月)の天気と気温

明日6日(月)は上空の寒気が北に後退するものの、関東から近畿にかけては雲が広がりやすく、気温が上がりません。

東京都心と大阪市の最高気温はともに12℃、名古屋市は11℃の予想となっています。近畿や東海は雨も降るため、体感温度はさらに下がりそうです。冬用のコートなどが欠かせない一日になります。

しっかりと日差しが届く九州や中国、四国は気温が上がって、昼間は15℃を超える所がほとんどです。こちらは日差しの温もりを感じられます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください