1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

週間天気 クリスマスは南岸を低気圧が通過 週末以降は寒気が居座る

ウェザーニュース / 2021年12月20日 5時50分

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・日本海側は雪や雨が続く
・クリスマスは南岸を低気圧が通過
・週末以降、強い寒気で大雪のおそれ

日本海側は雪や雨が続く

週間天気図 21日(火)~26日(日)

21日(火)から22日(水)にかけて北海道付近を低気圧が通過し、北日本を中心に冬型の気圧配置となります。北日本日本海側から北陸にかけて雪や雨となるところが多く、特に北海道の日本海側では強い雪や大雪に注意が必要です。低気圧通過時には吹雪により視界が非常に悪くなるおそれもあります。

その後も来週にかけて雪や雨の降る日が多くなる見込みです。

クリスマスは南岸を低気圧が通過

24日(金)から25日(土)クリスマスにかけて、本州の南岸を低気圧が通過するため、全国的にスッキリしない天気となります。

西日本太平洋側や関東は雨の降る可能性があり、北日本日本海側も雪や雨が強まる可能性があります。

現時点では低気圧の進むコースと雨や雪の降り方などの予想に幅があるため、今後も最新の予報を確認するようにしてください。

週末以降、強い寒気で大雪のおそれ

25日(土)に低気圧や前線が通過したあと、日本付近は冬型の気圧配置となります。上空には強い寒気が流れ込み、来週はじめにかけて居座る見込みです。

そのため、日本海側を中心に大雪のおそれがあり、西日本でも積雪の可能性があります。また、雪雲の一部は太平洋側にも流れ込む予想です。

寒さも厳しく、東京でも最低気温が氷点下、最高気温が5℃の日がある見込みです。防寒や雪対策などの備えを行ってください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください