1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

東京で初雪を観測 平年より8日早い冬の便り 関東平野部は積雪の心配なし

ウェザーニュース / 2021年12月26日 0時30分

ウェザーニュース

今日12月26日(日)、東京都心(港区虎ノ門)で初雪が観測されました。平年より8日早く、昨季より17日早い観測です。

関東では夜遅くにかけ所々で雨や雪が降る予想ですが、平野部では積雪の心配はありません。

気温は5℃未満に降下中 平野部は積雪の心配なし

都心周辺から雪やあられの報告が寄せられている

上空の強い寒気が流れ込み始めたため、25日(土)の昼間は14℃以上あった気温は、日付が変わって5℃以下に低下しています。湿度も40%台と低く、降水があれば雨ではなく雪やみぞれになる気象条件となっていました。なお、みぞれの場合も初雪として記録されます。

気温は朝にかけてさらに低下しますが、雪は降っても一時的とみられるため、平野部では積雪の心配はありません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください