1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

明日11日(火)の天気 三連休明けは全国的に雨や雪、荒天となる所も

ウェザーニュース / 2022年1月10日 17時0分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東から西は雨の連休明け
・西日本の日本海側は夕方から雪に
・北海道は道東で大雪に警戒


三連休明けの明日11日(火)は、2つの低気圧や前線が日本列島を通過し、全国の広い範囲で雨や雪が降る見込みです。次第に風も強まり荒れた天気となるおそれがあるため、警戒が必要です。

関東から西は雨の連休明け

予想天気図 11日(火)9時

低気圧や前線の影響で、関東から西日本の各地は朝から雨の所が多くなります。通勤・通学には傘が必須です。

西日本は午前中いっぱい、東海、関東は夕方まで雨の降りやすい状況が続きます。

日差しがないため昼間の気温は上がらず、10℃に届かない所がほとんど、空気が冷たく感じられる一日です。

西日本の日本海側は夕方から雪に

低気圧が東に離れた後は冬型の気圧配置に変わるため、山陰や近畿北部など西日本の日本海側は夕方以降、雪の降る所が多くなります。

寒気が流れ込むに伴って雪の範囲が広がり、夜は山沿いや内陸部で積もる所がある見込みです。

車で移動する場合は路面状況の変化に注意をしてください。

北海道は道東で大雪に警戒

北陸や東北、北海道でも雪ではなく雨の降る所があり、雪が積もっている地域は路面が悪化します。

冷たい空気が残る北海道道東や道北、本州の山沿いは湿った雪が降って、大雪となるおそれがあります。

特に北海道道東は12日(水)朝にかけて、多い所で50cm以上の新たな雪が一気に積もるため、警戒が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください