1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

紅葉見頃予想2023 嵐山(京都)や高尾山(東京)も11月後半から見頃に

ウェザーニュース / 2023年11月1日 14時30分

ウェザーニュース

ウェザーニュース 第3回紅葉見頃予想

2023年の紅葉は東日本や西日本で徐々に見頃のエリアが拡大しています。北海道では紅葉シーズンの終盤となりました。

高温の影響で葉の色付きが遅れている東北と北陸では、これから見頃を迎える多くの名所で平年並か平年より遅い見頃となる予想です。関東以西ではこれから色付く多くの名所で見頃は平年並となるとみています。

東京・高尾山では11月中旬に、京都・嵐山では11月下旬に見頃を迎える予想です。

ウェザーニュースでは、この夏の天候などをもとに2023年の紅葉見頃予想を発表しました。全国の紅葉名所の見頃日を確認して、紅葉狩りの計画にお役立てください。

■ポイント■

・東日本と西日本は山沿いで見頃 北海道は終盤へ
・東北と北陸は高温の影響で色付きに遅れ
・関東以西の見頃は平年並 順調に色付き進む

東日本と西日本は山沿いで見頃 北海道は終盤へ

今年は北日本や東日本の標高の高いエリアを中心に、平年より1週間から10日ほど遅く見頃を迎えました。10月に入ってから寒気の流れ込みや、晴れた日の放射冷却による気温低下があったため、東日本や西日本の標高の高いエリアを中心に葉の色付きが加速し、平年並の見頃を迎えているところが多くなっています。

北海道は市街地でも紅葉のピークを迎えていて、シーズン終盤となっています。

東北と北陸は高温の影響で色付きに遅れ

今週は季節外れの暖かい空気が流れ込み、葉の色付きが足踏みするところがある予想です。

11月中旬までに見頃を迎える東北や北陸では、平年並か平年より遅い見頃になるところが多いとみています。ただ、三連休が明けると寒気が流れ込みやすくなるため、色付きが一気に進む可能性があります。

関東以西の見頃は平年並 順調に色付き進む

今後も関東より西の地域は太平洋側を中心に晴れる日が多くなる予想です。

朝晩を中心に放射冷却が効きやすくなるため、葉の色付きに必要な気温低下が見込めます。これから色付きが本格化する多くの名所では、平年並の見頃を迎えるとみています。

また、この先も日差しや適度な雨、気温低下が十分に見込めるため、色づき鮮やかな紅葉が期待できそうです。

※ 見頃の定義:一つの名所の中で、全体の約7割が色付いたときから落葉が始まった日まで
※ 見頃の平年:2004年から2022年の期間で、紅葉が見頃を迎えた日から落葉が始まった日の平均
※ 天候の平年:1991年〜2020年の過去30年平均

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください