1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

11日(土)は北海道の平地も雪に 来週はじめにかけて全国的に初冬の寒さ

ウェザーニュース / 2023年11月8日 18時0分

ウェザーニュース

週末11日(土)から日本列島の上空に強い寒気が流れ込む予想です。北海道では平地でも雪になり、札幌などで初雪の可能性が高くなっています。寒気は来週はじめにかけて居座り、全国的に初冬の寒さになりそうです。

シーズン最初の雪道運転は十分注意を

11日(土)は冬型の気圧配置になり、平地で雪を降らせる目安の上空1500m付近で−6℃以下の寒気が東北北部まで南下する予想となっています。

北海道は平地も含むほとんどの所で雪になり、東北北部の内陸部でも雨から雪に変わる所がある見込みです。東北南部から北陸では山沿いを中心に雪の所が多くなります。

札幌市などで初雪になる可能性が高く、雪雲がしっかりとかかると平地で雪が積もるくらいになるため、車での移動は冬用タイヤが必要です。タイヤ交換が済んでいても、シーズン最初の雪道の運転は十分に注意をしてください。

12日(日)は北陸などで霰(あられ)の可能性

12日(日)は上空の気圧の谷が近づく影響で、日本海のシアーライン(異なる方向の風がぶつかる境界線)付近で雲が発達する見通しです。北陸を中心とした日本海側に雨雲がかかり、局地的に雷を伴った強い雨が降る見込みです。

寒気が強いため霰(あられ)や雹(ひょう)になる可能性があります。初冬の霰(あられ)は強く降って道路に積もることがあり、その場合は非常に滑りやすくなりますので、車の運転時は十分な注意が必要です。

関東や東北太平洋側でも雲が広がり、所々でにわか雨があります。週末の外出には折りたたみの傘など雨具が必要になりそうです。

来週はじめにかけて全国的に平年より低い気温

強い寒気は13日(月)〜14日(火)にかけても日本列島の上空に残って、全国的に気温は低くなる見通しです。

東京都心のこの先の気温を見ると、11日(土)からは平年を下回る予想となっています。最低気温は今シーズン初めて一桁となり、14日(火)の朝は7℃まで下がる見込みです。

そのほかの各地も季節が大きく前進し、初冬の気温となります。西日本や東日本でも朝晩は厚手の上着が必要になり、暖房が必要になる所もありそうです。準備がまだの方は早めに済ませておくようにしてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください