1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

週間天気予報 季節前進 来週前半にかけて雪や寒さに注意

ウェザーニュース / 2023年11月11日 6時0分

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・この時期としては強い寒気 積雪も
・日曜は関東でも雨の可能性
・来週前半は12月並みの寒さに

来週前半にかけてはこの時期としては強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に曇りや雨または雪の所が多くなります。気温も下がります。

この時期としては強い寒気 積雪も

14日(火)頃にかけて冬型の気圧配置となるため、日本列島にはこの時期としては強い寒気が流れ込みます。上空約1500mで−6℃以下の寒気が東北北部付近まで南下し、北海道や東北北部では平野部でも雪の所が多くなり、東北南部や北陸の山沿いでも雪の可能性があります。

昨日10日(金)夜から今朝にかけて、北海道の札幌・函館・稚内・室蘭の気象台で初雪が観測されました。いずれの地点も平年より遅い初雪です。
郊外を中心に今季初めての積雪の可能性があるため、積雪や路面凍結によるスリップ事故等に注意してください。車を運転される方は、冬用タイヤへの交換やタイヤチェーンの携行など、雪道用の装備をご準備ください。

日曜は関東でも雨の可能性

13日(月)にかけて、日本海では風の合流によりシアーラインという帯状の雲が形成されて、北陸〜山陰に南下するため雨の所が多くなる予想です。

この延長線上の関東の太平洋沖でも12日(日)頃に低気圧が形成される予想で、太平洋側の地域も雨の降る可能性があります。雨雲は海上主体とみられますが、もし雨が降ればとても冷たく感じる可能性があるため注意してください。

来週前半は12月並みの寒さに

11月上旬は平年よりもかなりの高温となっていた所から一転し、週前半にかけては平年よりも気温が低い傾向が予想されます。

東日本や北日本では12日(日)は12月上旬〜中旬並みの寒さに、西日本では13日(月)頃に12月上旬並みの寒さになることが予想されます。14日(火)朝にかけて冷え込みも強まる予想です。

これまでとの気温差が大きくなりますので、寒暖差で体調を崩さないようお気をつけください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください