1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

約4週間ぶりに台風発生の可能性 次に発生すると“台風17号”

ウェザーニュース / 2023年11月12日 22時0分

ウェザーニュース

11月12日(日)21時現在、カロリン諸島で発達中の熱帯低気圧について、気象庁は「24時間以内に台風に発達する見込み」と発表しました。次に台風が発生すると台風17号と呼ばれることになります。

▼熱帯低気圧 11月12日(日)21時
 中心位置   カロリン諸島
 移動     北西 ゆっくり
 中心気圧   1006 hPa
 最大風速   15 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 23 m/s

フィリピンの東へ西進 その後の進路は不確実

12日(日)9時に発生したこの熱帯低気圧は、今後勢力を強めて台風に発達する可能性が高くなっています。

台風を移動させる風が弱いため、しばらくは比較的ゆっくりとした速さで西進し、5日先の17日(金)頃にはフィリピンの東に移動しているものと考えられます。

世界各国の気象機関が計算した進路のシミュレーション結果を比較すると、その後の進路は不確実で、そのままフィリピン付近を西進して南シナ海に向かうものや、東に転向するものまで幅広い予測が出ています。本州方面に北上してくる可能性は低いものの、船舶などは今後の台風情報にご注意ください。

およそ4週間ぶりの台風発生か 平年より少ないペース

平年の台風発生数

次に台風が発生すると、10月18日に発生した台風16号以来で、台風17号と呼ばれることになります。台風が発生すればおよそ4週間ぶりで、11月に入ってからは1つめの台風です。

平年の台風発生数を積算すると、10月までの発生数はおよそ22個となるため、今年は現時点で台風発生数が平年よりも6個ほど少ないペースといえます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください