1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

16日(木)から天気は下り坂 17日(金)にかけて荒天に警戒

ウェザーニュース / 2023年11月13日 18時0分

ウェザーニュース

今週後半は全国の広い範囲で荒天となるおそれがあります。西日本では16日(木)から雨が降り出し、17日(金)にかけて雨や雪が強まるため注意が必要です。

短時間の激しい雨や強風に

東シナ海から近づく前線の影響で、西日本の早い所では16日(木)の午後から雨が降り出し、夜には九州から近畿まで雨の範囲が拡大する予想です。17日(金)には日本海と太平洋側を前線を伴った低気圧が発達しながら進み、東日本、北日本でも雨となります。

南からは暖かく湿った空気が流れ込むため低気圧、前線の周辺では雨雲が発達し、局地的に激しい雨が降る見込みです。

また、低気圧が急速に発達することで風も強まり、全国的に荒れた天気となるおそれがあります。交通機関に影響が出ることも考えられるため、移動を予定している方はこまめに最新情報をご確認ください。

18日(土)は低気圧がさらに発達し強風に

低気圧や前線が通過した後、18日(土)は冬型の気圧配置になります。上空の寒気は昨日11日(土)から流れ込んでいるものに比べると少し弱い予想です。

雪になるのは北海道の内陸部や東北、北陸の山間部が中心で、札幌市などは降水があっても雪が混じる程度になるとみられます。

ただ、低気圧がオホーツク海で発達するため等圧線の間隔は非常に狭く、西寄りの風が強く吹く見込みです。北日本を中心に19日(日)にかけて荒天が続きますので注意が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください