1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

北海道日本海側は路面凍結に注意 関東も今夜遅くは南部沿岸で雨に

ウェザーニュース / 2023年11月14日 17時45分

ウェザーニュース

北海道の日本海側は今日14日(火)昼間も降雪が続きました。今夜は気温が下がるため路面凍結に注意が必要です。

また、関東も今夜は南から雨雲が広がり、明朝にかけて雨の降る可能性があります。

今夜も寒気の影響

北海道の日本海側では、11日(土)から雪の降る日が続いています。

今日も16時までの6時間に稚内市で6cm、旭川空港で3cmの新たな降雪があり、16時現在の積雪は朱鞠内で60cm、稚内で30cmに達しています。

北海道の日本海側は今夜も寒気の影響が残り、雪の降りやすい天気が続きます。雪は段々と弱まりますが、今夜は内陸部で氷点下の冷え込みになります。路面の凍結することが考えられるので、運転の際は十分な注意が必要です。

関東沿岸は夜遅くから雨の可能性

北陸や東北日本海側でも、今日の日中は雨の残った所がありました。ただ、本州日本海側の天気は今夜遅くには回復し、晴れてくる所もある見込みです。

一方、関東は南から段々と雨雲が広がり、房総半島など南部沿岸部は今夜遅くから明日15日(水)の朝にかけて雨が降りやすくなる見込みです。

東京都心周辺は雨の可能性はそれほど高くありませんが、深夜から明朝にかけて雨の心配があります。

帰宅が遅くなる方や明日の朝早くに家を出る方は、念のため天気の変化にお気をつけください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください