1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

脱臭効果が炭の5倍にもなる、コーヒーかすの再利用法

ウェザーニュース / 2023年11月16日 12時29分

ウェザーニュース

暦(こよみ)のうえではすでに立冬を過ぎ、温かいコーヒーを淹(い)れる機会も増えてきました。レギュラーコーヒーを淹れた後に「抽出かす」が残りますが、皆さんはどうしていますか?

ウェザーニュースでは、2022年に「コーヒーの抽出かす、どうしている?」というアンケート調査を実施。ドリップしている人のうち61%が抽出かすを捨てているという結果になりました。ついそのまま捨ててしまう人が多いようですが、これは実にもったいないといいます。コーヒーの抽出かすには、活性炭(かっせいたん)の5倍もの脱臭効果があるのだそうです。

コーヒーの抽出かすがもつ驚きの特性とその再利用法について、UCCコーヒーアカデミーに解説して頂きました。

水分を含むと5倍以上の脱臭効果!?

コーヒーの抽出かすには強い脱臭効果があると聞きました。それはなぜなのでしょうか。

「コーヒーの抽出かすは『多孔質(たこうしつ)』といって、多数の目に見えない小さな穴(細孔=さいこう)が空いている素材です。

いやな臭いのもとになる物質の代表としてアンモニアなどが挙げられますが、まず抽出かすに含まれる水分がアンモニアを溶かし、多数の穴がアンモニアを捕捉します。さらに抽出かすの分子がアンモニアを化学的に吸着(きゅうちゃく)・中和(ちゅうわ)します。

これによっていやな臭いが消える、脱臭効果が発揮されるのです」(UCC)

脱臭剤としては活性炭がよく用いられますが、コーヒーの抽出かすはどのくらいの脱臭効果をもっているのですか。

「UCCの調べでは、抽出かすのアンモニア吸収率は活性炭の約5倍という研究結果が出ています。

具体的には水分率7%の活性炭のアンモニア吸収率は17.3%ですが、水分率4%の乾燥した抽出かすの吸収率は41.0%と活性炭の約2.37倍、水分率21%のしっとりした抽出かすなら吸収率90.5%と、活性炭の約5.23倍にも達しているのです」(UCC)

環境にもやさしい、コーヒーの抽出かすの脱臭効果をいかした再利用方法は、次のとおりだそうです。

脱臭効果をいかした再利用方法

(1)水分を含んだままトイレの脱臭剤に
水分を含んだままの抽出かすは小皿に入れて、トイレの脱臭剤などに使うのがいいでしょう。

「家庭でレギュラーコーヒーを淹れた後、抽出かすの水気を切って、皿などのなるべく平たい容器に入れます。あとはご自宅のトイレなど臭いが気になる場所に置いておくだけです。

抽出かすは1~2日をめどに交換してください。保管場所の温度が高くなると抽出かすにかびが生えるリスクがありますので、注意が必要です」(UCC)

(2)乾燥させて靴や冷蔵庫の脱臭剤に
抽出かすを乾燥させて、靴や下駄箱、冷蔵庫に入れて脱臭剤とする活用法もあります。

「まず、抽出かすを十分に乾燥させます。乾燥したら皿などが置けない場所では抽出かすが散らからないよう、お茶のパックのような不織布(ふしょくふ)など目の細かい袋に入れてください。袋の口をひもなどでしっかり結べばでき上がりです。

コーヒー豆のように小さな麻袋に入れて置くのも、おしゃれな雰囲気を醸し出してくれるのでおすすめです」(UCC)

雑草対策や肥料としての効果も

脱臭剤としてのほかに、コーヒーの抽出かすの再利用法はありますか。

「抽出かすはガーデニングや家庭菜園を造る際にも役立ちます。UCCと近畿大学農学部との共同研究で、抽出かすを土に混ぜることが冬作(ふゆさく)のヒマワリ、夏作(なつさく)のライムギなどの緑肥作物(りょくひさくもつ)にさまざまな好影響を与えてくれることがわかったのです。

抽出かすを土に混ぜた1年目は、植物の成長を抑えてくれる効果がみられました。これにより、抽出かすが雑草対策に役立つことになります。抽出かすに含まれるカフェインやポリフェノールなどの物質が、雑草の成長を抑えてくれたと考えられています。

抽出かすを土に混ぜてから12ヵ月(1年)の間に植物の成長抑制効果は減少し、2年目には土壌の炭素や肥料となる窒素の含有量が増えるなどの土質改善効果が生じました。

12ヵ月の間に土壌内のかびや細菌などの微生物群が、抽出かすに含まれていたカフェインとポリフェノールを分解して減少させます。さらに抽出かすに含まれるたんぱく質も分解されて無機窒素に変っていきました。これにより植物の成長抑制効果は2年目には失われることになり、作物の成長を妨(さまた)げなくなります。

無機窒素は『肥料の三要素』の一つですので、2年目には抽出かすが肥料としての効果を発揮することになり、逆に作物の成長を促すようになったと考えられます」(UCC)

寒い日に温かなコーヒーを味わったら、抽出かすは捨てずに脱臭剤としてリユースし、2年越しのガーデニングや家庭菜園の雑草対策や肥料としても活用してみてはいかがでしょうか。

取材協力・画像提供
UCCコーヒーアカデミー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください