1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

明日から日本海側の広範囲で雪 大雪や吹雪のおそれも

ウェザーニュース / 2023年11月23日 10時10分

ウェザーニュース

明日24日(金)から25日(土)にかけて冬型の気圧配置が強まり、日本海側の広い範囲で雪となります。大雪や吹雪になるおそれがあるため、警戒が必要です。

雪の範囲は東日本まで拡大

明日は低気圧がオホーツク海で発達し、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置が強まります。

上空の寒気が次第に南下し、明日夜には平地で雪を降らせる目安の上空1500m付近で−6℃以下の寒気は関東北部から中国地方まで流れ込む見込みです。さらに強い−12℃以下の寒気が北海道から東北北部まで覆ってきます。

北海道や東北北部は平地を含めほとんどの所が雪で、東北南部から関東甲信北部、北陸の山沿いでも雪に変わる予想です。東北、北陸では初雪を観測する所があり、局地的には雪が強まって、積雪が急増する可能性があります。

風も強まり吹雪で視界悪化

東西の気圧差が大きくなることで、北西の季節風が強く吹きます。特に北陸から北海道の日本海沿岸では平均で15〜20m/s、瞬間的には30m/sを超える暴風となる予想です。

北西の風が吹き抜けやすい仙台平野や伊勢湾周辺、紀伊水道周辺など太平洋側でも風の強まる所があるとみられます。交通機関に影響の出る可能性があるため、移動の予定がある方は気象情報に加え、運行情報も事前にご確認ください。

雪が降る北日本では吹雪によって視界が悪くなることがあります。多い所では30cm以上の積雪が予想されることに加え、吹雪となりますので、車での移動は十分な安全確認が欠かせません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください